スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ちょっと芝居に・・・
久々にちょっと更新。(書くネタが出来た物で。)

昨日、友人からの誘いで芝居を見にいってました。
作品はこちら↓(画像は勝手に借りてます・・・。)

Princess_Mononoke


みなさんよくご存じかと思いますが、スタジオジブリの「もののけ姫」…をイギリスの劇団が舞台化したもの。こういうのってなかなか許可しないものだと思ってたんですけどね。スタジオジブリ…というか宮崎駿監督。


誘われるまでは、そんなものがあるという話を聴いたかなぁ…くらいの認識だったのですが。それよりも誘ってくれた友人に舞台を見るなんて趣味があったようには思えない。話を聞くと、ちょっと見てみたかったというくらいで、舞台演劇は小学校以来見た記憶がないらしい。そうだろうなぁ、やっぱり。

場所は、渋谷のAiiA Theater Tokyo。最近、リニューアルしたところのようです。元々の造りが良くないのか収容人数に対してロビーが狭い…。


肝心の芝居のほうですが、残すところ明日の追加公演のみ…
なので、ちょっとだけネタばれになりますが…

会場に入るとまず目に入るのが舞台セット。森をイメージした大がかりなものが組んであります。照明の効果もあって結構幻想的な雰囲気を醸し出してます。しっかり組んであるので転換(舞台セットをシーンごとに組み替える作業)は出来ないよなぁ、と思っていたらそこはきちんと考えてありました。セット後ろのスクリーン映像や人が持てる物(スダレとか)を使ってシーン毎に転換。

驚いたのは、音楽がオーケストラの生演奏。過去に何回か芝居をみたけど、普通は音源作っておいて流すだけ。(ちなみにオーケストラはセットの裏にいるので人数は不明。ちょっとだけ表から見えてる。)

山犬(モロ)とか猪(乙事主)とかの作り込みは、まぁ芝居ですからね、という感じ。ここにリアリティを求めちゃいかん。こういうのって誰が作ってるんだろう?(小さい劇団では自作だったりするんですけど。)

ストーリーは原作に忠実。変にアレンジされていないし、身体表現とか演出とか良い感じにまとまっていたように思います。ちょっと良いお値段しますけど、興味があるならこれはオススメ出来るかなという作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/05/05 13:43 】 | オススメ作品集 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<遠くに見えるあれは何? | ホーム | 明けましておめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://contrail.blog40.fc2.com/tb.php/133-b8ab86cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。