スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
猫と犬の如く…
さてさて、久々に旅人になってます。
とはいえ、あいにくのお天気。
この前まで梅雨っぽくなかったのにさ。まだ梅雨入りしてなかったと言われたら、それまでだけどさ。

It never rains but it pours.
(降れば土砂降り)

なんて言葉が(日本語でね)脳裏をよぎり…、出所はなんだべさと調べてたら出てきた表現

rain like cats and dogs
『猫と犬のような雨』


なんでも、北欧の言い伝えでは、猫は雨、犬は風を呼ぶ力があるとかないとか。
(そういえば、日本でも猫が顔を洗うとなんとやらってのが…)
『猫と犬のような雨』、転じて『土砂降り』

そんな雨にもめげず、撮りに行ってきました

ホタル
ホタル


ホタルのイメージとして『乱舞』ってのがあったのですが…雨のせいか、大人しい。
…と思っていたら、飛ぶ時間決まってるんですね。
地元のおじさんが教えてくれました。

さて、人によって意見が違うとは思いますが…、私は『写真』の出来は
 1.お天気
 2.タイミング
 3.機材
 4.技量
 5.センス
だと思ってます。コレ、ただの重要度の順序ではないので、念のため。

1.と2.はどっちが上かというのは難しいですが、これで写真の8割は出来てると言っても良い。
機材とか技量とか隠し味みたいなもので、無いと味気ないけど無くてもなんとかなったりする。
センスは締め。なのでこれが無いとちょっといまいちスッキリしない。なんか物足りない気にさせる、そんな感じ。

何が言いたいかというと…
天気とタイミングに恵まれなかった、↑の写真に対する言い訳(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2009/06/23 00:53 】 | 作品集 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<その後のいろいろ… | ホーム | 新たな試み>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://contrail.blog40.fc2.com/tb.php/90-9c5a7772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。